【質屋営業許可】


埼玉県内で「質屋営業」をお考えの方は埼玉県公安委員会への許可申請が必要です

営業所の管轄警察署の窓口に申請します


【質屋営業とは?】

@物品(有価証券含む)を質にとる

A流質期限までに当該質物で担保される債権の弁済を受けないときは、
当該質物をもってその弁済にあてる約款をかわす

B金銭を貸し付ける   以上の全てを満たす営業です


【許可要件】
次に該当する場合は許可を受けることができません

@禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、または執行をうけることのなくなった後、3年を経過しない者

A許可の申請前3年以内に、質屋営業法(無許可営業)に違反して罰金刑に処せられた者または他の法令に違反して罰金の刑に処せられその情状が質屋として不適切な者

B住居の定まらない者

C営業について成年者と同一の行為能力を有しない未成年者または成年被後見人

D破産者で復権を得ない者

E質屋営業法第25条1項の規定により許可を取り消され、取り消しの日から3年を経過しない者

F同居の親族にEに該当する者または営業停止を受けている者がいる者

G管理者または業務を行う法人役員が@〜Eのいずれかに該当する者

H公安委員会が定める質物保管設備基準に適合する保管設備を有しない者


【質物保管設備基準】

「平成4年3月6日埼玉県公安委員会告示第17号」に定めた基準

*規模・構造・防湿・防火・盗難予防・防鼠・水害への措置等に適合した設備が必要になります

申請に際しては

構造概要書、平面図及び立体図等の提出 が必要です

また、申請後に、実地検査があります 
基準に適合していないと判断された場合は、許可は下りません


【申請のながれ】

@申請者との面談および現地調査
     ↓
A管轄警察署への事前相談
     ↓
B申請書・実地計測のうえでの図面等作成
     ↓
C管轄警察署へ申請
 *1)申請書(正副各1通)
   2)住民票、履歴書(申請者本人、法人役員全員、管理者)
   3)登記事項証明書(法人)、定款の写し(法人)、
  4)身分証明書、登記されていないことの証明書(申請者本人、法人役員全員、管理者)
  5)質物保管設備の構造概要書、平面図、立体図等
     ↓
D営業所・質物保管設備の実地検査
     ↓申請から50日後
E許可証発行

*当事務所が、申請書・図面作成、管轄警察署との事前相談、代理申請、検査立会い、許可証の受け取り までお引き受けいたします


【申請費用】
《申請手数料》 公安委員会に納付する手数料です
 ¥ 25000

《当事務所手数料》
 ¥80000 (税別)
申請前相談、管轄警察署との事前相談・打ち合わせ、申請書作成、実地計測しての図面作成、代理申請、実地検査立会い、許可証受取まで一式



埼玉県内で質屋の営業をお考えの方
一度、お気軽に当事務所にご相談下さい

TEL 049−299−6061

 《営業時間》 月〜土 9:00〜19:00



古物商・質屋営業許可おまかせ下さい!!